●ハーブティーの淹れ方は慣れればとても簡単です。

【ホットティー】(ティーバッグタイプ)
①ティーバッグを10回ほど揉み、香り・成分・風味を出やすくします。
②ティーカップにティーバッグを入れて、熱湯150ccを注ぎます。
③蓋をして5~10分間しっかり蒸らしてからお召し上がりください。
※ハーブの中には尖ったものや硬いものも含まれますので、①のティーバッグを揉む際はお怪我されませんようにお気を付けください。

【ホットティー】(リーフタイプ)
・リーフタイプのハーブティーの淹れ方のコツは、茶葉を計量する前に、茶葉が均一になるようによくかき混ぜる事です。
①人数分の茶葉を計量しスプーンの背や乳鉢等で茶葉を細かくして、香り・成分・風味を出やすくします。
1杯分は約2gです。花や葉の多いブレンドはティースプーン2杯ほど、種や根の多いブレンドはティースプーン1杯ほどです。
②湯通しして温めたティーポットや急須に1の茶葉を入れ、人数分×150ccの熱湯を注ぎます。
③すかさず蓋をして10分ほどしっかり蒸らし、茶こし等を使用してお召し上がりください。
※後述にもありますが、湯気の香りを嗅ぐだけでも効果が期待できますので、蒸らしている間はティーコージー(ポットカバー)やタオル等でティーポットを包むと香りや熱が逃げにくくなります。

【アイスティー】
①300cc程度のお水を入れた容器に、ティーバッグ1包、或いはリーフ(茶葉)約2gをを浸し、冷蔵庫で6時間置きます。
リーフの際はお茶パックに入れたものを使用しますと便利です。
②ティーバッグを取り出して(あるいは茶葉を越して)、1日以内にお召し上がりください。
※前日の晩に作っておきますと、翌朝美味しいアイスハーブティーが出来上がっています。

●ハーブティーの飲み方のコツ
・ハーブティーは香りを嗅ぐだけでも鼻腔を通じて揮発性の薬効成分が脳に到達しますので、ぜひ香りを楽しみながらお召し上がりください。

・ハーブティーは継続することで効果がより実感できます。毎日1杯でもお召し上がりください。

・飲みづらいと感じた時は、さし湯を足したり蜂蜜やお砂糖を加えて飲みやすくしてください。また緑茶や紅茶などと1:1で混ぜてお召し上がり頂いても構いません。更にはミルクラテやチャイ風にしてもおすすめです。少し濃く抽出したハイビスカスベースのハーブティーと温めたオレンジジュースを混ぜて飲まれる方も中にはいらっしゃいます。

・コンナルスの抗糖化作用を効果的に高めるためには、食後30分から90分程度で血糖値の上昇がみられますので、食事中や食後30分以内にお召し上がり頂くことをおすすめします。